よくある質問

オーストラリアホリデーズをご利用いただくにあたって、よくいただくご質問をまとめております。該当するご質問をクリックして下さい。

当サイトをご利用いただく際のご質問

オーストラリアホリデーズについて
ご予約について
お支払いについて
ご変更・お取消しについて

オプショナルツアーについてのご質問

オーストラリアのオプショナルツアーについて
ケアンズのツアーについて
グレートバリアリーフクルーズについて
グリーン島クルーズについて
キュランダツアーについて
スキューバダイビングについて
ラフティングについて
乗馬について
スカイダイビングについて
熱気球について
バンジージャンプについて
シドニーのツアーについて
メルボルンのツアーについて
エアーズロックのツアーについて
その他

当サイトをご利用いただく際のご質問

オーストラリアホリデーズについて
オーストラリアホリデーズは、どういう会社なのですか?
当社は、オーストラリアにある、オーストラリア政府公認の日系旅行会社です。スタッフのほとんどは日本の旅行会社での経験があり、きめ細かな対応が可能です。当サイトからのお問合せは日本人スタッフが日本語にて対応し、皆様のオーストラリアご旅行をサポートしています。
オーストラリアホリデーズに掲載されているオプショナルツアーの質は良いのでしょうか?
当社が取り扱っているオプショナルツアーは、日本の大手旅行会社が取り扱っているものと全く同じものなので、ツアーの質も何ら変わりません。更に当社は、オーストラリアに拠点を置く旅行会社ですので、日本の旅行会社が取り扱わないような、英語の格安ツアーや秘境を訪れる変わったツアーなども取り扱っています。
オーストラリアホリデーズに掲載されている商品は適性価格なのでしょうか?
当社が取り扱っているオプショナルツアーと、日本の大手旅行会社が取り扱っているオプショナルツアーとは全く同じものです。日本の大手旅行会社の場合、日本での手数料が上乗せされていますが、当社の場合はオーストラリアに拠点を置く旅行会社なので、手数料を徴収する必要がなく、料金は日本の旅行会社よりもお安くなっています。
店舗がなくて心配ですが、予約の確認などしたい場合、大丈夫でしょうか?
ゴールドコーストに手配事務所(+61-7-5528-3877)がございますので、お気軽にお問合せ下さい。また、ご予約いただいた際には、緊急時のサポートダイヤルをお渡しいたします。
ご予約について
一人での参加申し込みは可能なのでしょうか?
お一人様でもツアーのお申し込みをしていただけますが、ツアーによっては催行人数に規定があるもの(例えば最少二名から催行されるようなツアーなど)もございます。
参加の際に、ベビーカーを持ち込むことはできますか?
ほとんどのツアーはベビ-カ-を持ち込むことは可能ですが、予約の際に事前にご連絡下さい。
グループの場合の申し込みは、代表者だけでも良いのでしょうか?一人ひとりが申し込まなければならないのでしょうか?
代表者の方お一人様だけで構いません。
日本の旅行会社のパッケージツアーに参加するのですが、現地のオプショナルツアーのみの予約は可能ですか?
参加されるパッケージツアーの自由行動(フリータイム)の際に、当社を利用してオプショナルツアーにご参加されることは可能です。
申し込み後、連絡が来ない場合はどうすれば良いでしょうか?
お申込後、3日経っても連絡が来ない場合は、次のメールアドレスへメールを下さい(australiaholidays@webtravel.jp)、また平日(土・日・オーストラリアの祝日を除く)の場合は、次の電話番号へお問合せ下さい。+61-7-5528-3877(ゴールドコースト事務所)
オーストラリアの祝日はこちら
クーポン券が印刷できない場合はどうすれば良いのでしょうか?
お泊り予定のホテルのフロントにファックス送信も可能です。
また、クーポン券のご郵送も承っておりますが、その場合、1件のご予約につき500円の発券事務手数料がかかります。
ツアー参加日当日は、ツアー催行会社と連絡を取る必要はありますか?
ツアーご参加前にツアー催行会社と連絡を取る必要はございません。ツアー当日は指定されたお迎え場所(お泊りのホテルの正面玄関入り口付近等)にお迎え時間の5分前までにご集合下さい。ツアー催行会社のスタッフがお迎えにあがります。
ツアーは何日前に予約すれば間に合いますか?
通常は5日から1週間前にご予約下されば確実かと思います。但し、ゴールデンウィークやお盆、年末年始などのピークシーズンはお早目のご予約をお勧めします。
日本からオーストラリアに到着した日にツアー参加することはできるのでしょうか?
日本から事前ご予約された場合、ケアンズでは一部のツアーを除きご参加可能ですが、ケアンズ以外の都市では、午後以降に出発するツアーに限られます。但し、飛行機の到着時間にもよりますのでお問い合わせ下さい。
オーストラリア到着日に予約していたツアーが、飛行機の延着などで参加出来なかった場合、返金されますか?
原則として、ご参加されるツアー会社の都合によるツアーキャンセル以外は返金されません。また遅延が判明した時点でゴールドコースト事務所(+61-7-5528-3877)へご連絡をお願いします。
送迎付きのツアーというのは、どこまでの送迎が付いているのでしょうか?
ほとんどのツアーの送迎は、ご滞在のホテル、もしくはツアー催行会社が指定する一部の主要ホテルや免税店などになります。お迎え時間・場所は、ご予約後に確定します。
お支払いについて
予約を入れる際、クレジットカード番号をインターネットで伝えるのは避けたいのですが、それ以外に良い方法はありますか?
ツアー申し込みフォームにはセキュリティスクリーンが設定されておりますので、安全上の問題はございませんが、インタ-ネット以外にも、お電話またはファックスでカード詳細をご連絡いただくことも可能です。
インターネットで予約をする際に、ツアー料金以外に手数料などは必要でしょうか?
当サイトに表示されたツアー料金以外の予約にかかる手数料は一切ございません。ただ、催行会社へ直接支払う別途料金(燃油サーチャージ、環境保護税、国立公園入場料等)が必要なツアーもございます。これらは、手数料ではなくツアーにご参加されるにあたり、必ず必要となる付加料金です。それぞれのツアー詳細ページでご確認下さい。
子供料金は何歳まで適用されるのでしょうか?
子供(幼児)料金適用年齢は、各ツアーによって異なります。それぞれのツアー詳細ページでご確認下さい。
ツアー申込み後、日程表や集合場所などの詳細はいただけるのでしょうか?
ご予約が完了したらツアークーポン件をメールにてお送り致します。ツアークーポンには、出発時間、集合場所などの詳細を明記しております。日程表はございませんので、ツアー詳細ページをご確認下さい。
ツアー購入後、領収書などはいただけるのでしょうか?
クレジットカードでお支払いの場合は、クレジットカードご利用控えをツアークーポン券とともにお送りしています。領収書が必要な場合は別途お申し付けください。
ツアー料金の表示はオーストラリアドルでしょうか?
全ての料金は、オーストラリアドルで表示しています。
ツアー表示料金には消費税が含まれているのでしょうか?
オーストラリアで消費税は、全て内税表示ですのでツアー表示料金にも含まれております。
複数でツアーに参加しようと考えているのですが一緒に申し込んだ際、支払いを別々にすることは可能でしょうか?
可能です。お申し込みフォームの備考欄にお支払いを別々にされたい、という希望とお支払い金額をご記入いただいた上で、全てのクレジットカードの詳細をご送信下さい。
ツアー代金をカード以外で支払うことは可能でしょうか?
日本の当社指定銀行口座へのお振込みが可能です。ただし、窓口振込のみ可能となります。
クレジットカードを持っていないのですが、予約は可能でしょうか?
日本の当社指定銀行口座へのお振込みが可能です。ただし、窓口振込のみ可能となります。
ツアー代金を日本円で支払うことは可能でしょうか?
クレジットカードのお支払いはオーストラリアドルから日本円換算にてお支払いいただきます。日本の当社指定銀行口座へのお振込みが可能です。
ツアー料金を日本円建てで支払う場合の為替レートを教えて下さい。
クレジットカードでのお支払いの場合、オーストラリアドル→日本円への為替レートは、当社からお客様のカードへのツアー代金ご請求日に決まります。また、日本の当社指定口座へのお振込み、または、日本支店へご来店いただきお支払いされる場合は、請求日の換算レートを利用いたします。
ご変更・お取消しについて
ツアー参加日に天候が悪くツアーが中止になった場合、返金されますか?
悪天候の為にツアーが不催行になった場合は、ツアー料金は全額ご返金となります。
ツアー予約後に、参加日の変更はできますか?
参加日の変更は、当初の参加日より前にすることは可能ですが、その日より後に変更する場合は、ツアー催行会社によっては、一旦お取消し扱いとなり、規定のキャンセル料金が必要となることもございます。
オーストラリア到着日に予約していたツアーが、飛行機の延着などで参加出来なかった場合、返金されますか?
基本的には、ご参加されるツアー会社の都合によるツアーキャンセル以外は返金されません。

オプショナルツアーについてのご質問

オーストラリアのオプショナルツアーについて
オーストラリアの動物園では、コアラを抱っこすることができるのでしょうか?
コアラ保護の観点から、抱っこできる動物園は限られています。今現在オーストラリアでコアラを抱っこすることができる州は、クイーンズランド州(ケアンズ、ゴールドコースト、ブリスベンなど)、サウスオーストラリア州(アデレードなど)、ウェスタンオーストラリア州(パースなど)のみとなっています。
コアラ抱っこはどこでできるのでしょうか?
ケアンズでは、「トロピカルズー」、「キュランダコアラガーデン」、「レインフォレステーション」、「レインフォレストドーム」、ゴールドコースト&ブリスベン周辺では、「ロンパインコアラサンクチュアリー」、「カランビンワイルドライフサンクチュアリー」、「パラダイスカントリー」、パースでは、「コフヌコアラパーク」、「マラパナワイルドライフパーク」などが、アクセスも良くお勧めです。
各種遊覧飛行には、0歳の赤ちゃんもツアーに参加出来るのでしょうか?
セスナもヘリコプターも赤ちゃんのご参加は、シートベルトで体を固定することが出来ませんのでお勧めしておりません。
ケアンズのツアーについて
ケアンズ到着日(早朝4時過ぎ)に、ツアーに参加しようと思うのですが、可能でしょうか?
熱気球以外のほとんどのツアーは、当日参加が可能です。
グレートバリアリーフクルーズについて
グレートバリアリーフクルーズに参加したいのですが、それぞれの島の特徴を教えて下さい。
≪グリーン島≫
ケアンズから近いのでアクセス時間は45分で済む。ビーチが美しい。珊瑚島なので珊瑚が美しい。日本人に有名なので、日本人観光客が多い。
≪フィッツロイ島≫
ツアー料金が安い。島が大きくハイキングができるので頂上からの素晴らしい眺めを見ることができる。大陸島なので、珊瑚がほとんど無い。
≪フランクランド島≫
珊瑚島なので珊瑚が美しい。観光客は一日100人しか訪問できない無人島なので静かである。海をクルーズする時間は30分くらいなので、比較的船酔いしにくい。 ツアー料金が若干高め。
≪ウポルケイ≫
珊瑚が美しい。
≪ミコマスケイ≫
珊瑚が隆起してできた砂の島。珊瑚礁は美しい。2艘船(カタマラン)なので他の船よりは揺れは少ないが、乗船時間は片道約2時間と長め。島には鳥が多い。
グレートバリアリーフでシュノーケリングをしたいのですが、最も美しく珊瑚礁を見ることができるのはどこでしょうか?
日帰りで行ける、最も美しいと言われる珊瑚礁はエイジンコートリーフです。エイジンコートリーフへは、クイックシルバーで行くアウターリーフがお勧めです。
ポンツーンというのは、どういうものでしょうか?
グレートバリアリーフの沖合の海に浮かぶ、平底の浮島(人口の島のようなもの)のことです。アウターリーフには島がなく、人工的にポンツーンを浮かべて、ここで食事や休憩を取ったり、ここを拠点にダイビングやシュノーケリングが楽しんだりできます。
年配者でも楽しめるクルーズを教えて下さい。
最もお勧めするのは、設備が整ったグリーン島です。グリーン島では、泳がなくてもグラスボトムボートや半潜水艦の他、ワニ園やエステなどもお楽しみいただけます。また、カフェテリアや島の至る所にベンチがあるので、のんびり休憩しながらお過ごしいただけます。
小さい子供と一緒に楽しめるクルーズを教えて下さい。
砂浜の広いミコマスケイや、様々な設備の整ったグリーン島がお勧めです。
シュノーケリングは、何才くらいから可能でしょうか?
何歳からという決まりはございませんが、3歳くらいであれば水際でお楽しみいただけます。
シュノーケリングは、日焼けが心配です。
ライクラスーツと言う全身のスーツのレンタルがございます。クラゲ除けにもなり、日焼けも防げ、とても便利です。また、Tシャツを着てシュノーケリングされても良いと思います。後、顔にはしっかりとウォータープルーフの日焼け止め(SPF30以上)を塗られることをお勧めします。
シュノーケリングをする際に、ライフジャケットは含まれているのでしょうか?
ライフジャケット、またはそれに代わる浮具は殆どのツアーで用意されていますが、無料のツアーと有料のツアーがございます。
眼鏡をかけていますが、近眼用の水中マスクのレンタルはあるのでしょうか?
ほとんどのツアーで、度つきマスクの用意がございます。レンタルが有料の場合もあれば、無料の場合もあり、ツアーによって異なります。
体験ダイビングをしたいのですが、日本人スタッフが指導してくれるのでしょうか?
ツアーによって日本人が指導するもの、事前説明は日本人でダイビング時はオーストラリア人などが指導するもの、日本人が全く乗船しないもの、の3種類ございます。詳しくは、各ツアー詳細ページをご確認下さい。
グレートバリアリーフでは一年中、快適に泳ぐことは可能でしょうか?
ケアンズの気候は常夏なのですが、乾季と雨季に分かれており、乾季は水温が下がります。特に6月~9月にかけては、水温が22度~25度前後と、水着だとちょっと寒い温度になります。この時期は、ウェットスーツをご利用されると良いと思います。ウェットスーツの貸し出しはツアーによっても異なりますが、10ドル~15ドル程度のレンタル料が必要となります。また、Tシャツのまま泳がれることもお勧めします。
グレートバリアリーフに行きたいのですが船酔いが心配です。
グリーン島やエイジンコートリーフへ行くクルーズは、高速艇を利用するので、比較的揺れにくい構造の船となります。ご心配な場合はヘリコプターや水上飛行機で行くツアーをお勧めします。
アウターリーフのポンツーンは揺れないのでしょうか。
通常はほとんど揺れません。波が高いと少し揺れる場合はありますが、ボートに比べると揺れはかなり少ないです。
船上での昼食は、船が揺れて気持ち悪くなりませんか。
昼食時など、船は珊瑚礁の横に止まっており、移動中ほど揺れません。また、珊瑚礁が防波堤となるので波は高くなりません。
クルーズ船に酔い止めの薬はあるのでしょうか?
酔い止めの薬は日本製のものが最も良く効きます。クルーズでも無料で配布される酔い止めがありますが、自然なハーブなどを原料としたもので、気休め程度だと思って下さい。また、当日の朝は、油っこいものを食べないことをお勧めします。
ダイビングやシュノーケリング時にコンタクトを着用しても大丈夫でしょうか?
ファンダイビングなどは水圧により目に負担をかけることがございますので、お勧めは出来かねますが、コンタクトを着用してのご参加は可能です。但し、マスクが外れた場合などに目に水が入り、流されてしまった場合などは見つかる可能性が極めて低いため、使い捨てのレンズや予備のコンタクトをお持ちいただくことをお勧め致します。
子供用のシュノーケリング器材やライフジャケットはありますか?
シュノーケリング器材は、5歳~6歳のお子様用からございますが、大きさや数には限りがございます。また、ライフジャケットは、クルーズ会社によります。ライフジャケット以外に、ヌードルと呼ばれる長い棒状の浮き具の貸し出しを行っているところもございます。
クルーズに参加中、貴重品の保管はどうするのでしょうか?
クイックシルバー社は無料のロッカーがございます。グレードアドベンチャー社、サンラバー社の船には、有料のロッカーがございます。しかし、いずれも数が限られておりますので、貴重品等はお持ちにならないことをお勧めします。なお、上記以外のクルーズ船にはございません。ロッカーのないクルーズにご参加の場合は、荷物は船内に置くことになります。ご心配の方は、水を通さないビニールの袋に入れて、携帯されるのが宜しいかと思います。
グリーン島クルーズについて
ウェットスーツは、借りられますか?
15ドルでのレンタルがございます。※料金は予告なく変更になる場合がございます。
グリーン島には、ランチを食べることの出来るレストランなどはあるのでしょうか?
比較的お手軽料金でお食事が出来るのは、「The Canopy Grill」というオープンエアのカフェになります。ハンバーガーやミートパイなどの軽食や、ビュッフェがございます。料金は10ドル~15ドルからになります。
キュランダツアーについて
アーミーダックは揺れるのでしょうか?お年寄りや車イスの子供でも乗れるのでしょうか?
アーミーダックは悪路を走行しますが、思ったほど揺れず、ゆっくりと走るので、お子様でも年配の方でもお楽しみいただけると思います。
キュランダマーケットは水、木、金、日曜日の開催ですが、それ以外の村はどんな様子でしょうか?
オリジナル・マーケットは以外に、ヘリテージマーケットと言うのがございます。こちらは毎日オープンしています(月、火、土曜日は半分のみオープン)。また、キュランダ村ではコアラガーデンやバードワールド、バタフライ(蝶)サンクチュアリなどは年中無休で楽しめます。
アーミーダックに参加したいのですが、予約は必要でしょうか?
アーミーダックは、レインフォレステーションにてお楽しみいただけます。レインフォレステーションで、直接ご予約されることは可能ですが、キュランダ村とレインフォレステーションを結ぶ、往復の送迎バスに関しては事前に予約が必要となりますので、事前にお申し込みされる事をお勧めします。この区間、通常は他に交通手段が無いので、自動的に送迎バスもご予約しております。
スキューバダイビングについて
体験ダイビングとファンダイビングは、行く場所が違うのでしょうか?
通常体験ダイビング、ファンダイブも同じポイントで行いますが、潜る深度や潜水時間が異なります。
グレートバリアリーフで、ダイビングに適さない時期はあるのでしょうか?
グレートバリアリーフでのダイビングは一年中可能です。一年の中で、水中温度が温かくて快適なのは12月~3月ですが、季節が雨季にあたるので、雨や風の強い日が多くなります。天候が最も安定しているのは10月~11月で、ダイビングをするにはベストシーズンです。5月~8月は最も涼しくなる季節なので水温も低くなりますが、この季節はクジラが回遊する時期なので、運が良ければダイビング中やクルーズ中に遭遇できるチャンスがあるかもしれません。水温の調整には、ウェットスーツなどですることができます。
体験ダイビングをしたいのですが、子供の年齢制限を教えて下さい。
オーストラリアでは、体験ダイビングに参加できる最低年齢は12歳からとなります。(日本やアメリカでは10歳から可能)
高齢なのですが、参加するのに問題はないでしょうか?
ダイビングに大人の年齢制限というものはございません。世界最大のダイビング指導団体PADIなどは、プロバイダー資格のために海外移住養成プログラムとして、55歳~65歳の年齢の方を対象にしています。
ファンダイビングの参加条件を教えて下さい。
ファンダイビングへの参加条件は、PADIオープンウォーターダイバーと同等か、それ以上の認定を受けていること(また、ダイビングの認定を受けた時と同程度に健康であること)が必要です。ファンダイビングへの参加が可能な認定レベルは、各ダイビング教育団体によって違います。PADIやSSIであれば「オープンウォーターダイバー」、NAUIであれば「スクーバダイバー」、BSACであれば「オーシャンダイバー」以上になります。よくお分かりにならない場合は、お申し込みの際に当社まで認定団体および認定レベルをお知らせ下さい。また、ツアーご参加時にCカードとログブックの提示が必要になりますので、必ず忘れずにご持参下さい。尚、PADIやSSIの「スクーバダイバー」では、ファンダイビングにご参加いただくことは出来ません。こちらは最大潜水深度12mまで、インストラクターやダイブマスターと一緒に潜るという条件付の認定ですので、体験ダイビングへのご参加となります。
ファンダイビングと体験ダイビングは一緒に潜れるのでしょうか?
体験ダイビングとファンダイブは、通常同じポイントで潜りますが、同じグループではなく、別々のグループとなります。このように、水中では別々になりますが、休憩中や食事中など船上ではご一緒に過ごすことが出来ます。また、事前にご連絡いただければ、認定カードをお持ちの方が体験ダイビンググループと一緒に潜ることも可能です。この場合は最大水深が12mになりますので、1本目は通常のファンダイブ、2本目か3本目の最後のダイビングが体験ダイビングのグループと合流することになります。
ダイビングの料金の中に保険料は含まれているのでしょうか?
ダイビングツアー料金の中には、保険料は含まれておりませんので、日本にて海外旅行保険に加入されることをお勧め致します。料金は、保険会社により異なりますので、ご加入される保険会社、又は旅行会社にてご確認下さい。
ダイビングは何メートルぐらい潜れるのでしょうか?
体験ダイビングは、最大水深12m、潜水時間は約30分です。もちろん自信がない方には浅いダイビングも可能です。ファンダイビングは、保持されている認定ランク、経験などによって変わります。一般的な一日ツアーの場合は、1本目が最大18m、2本目が16-15m、3本目が12mなどです。宿泊のクルーズにご参加の場合は、1本目は最大30-40m(アドバンスオープンウォーター以上の認定が必要)まで潜るのが一般的です。
クルーズツアーで体験できる、体験ダイビングも事前予約が必要なのでしょうか?
クルーズ参加当日に、お申し込みは可能です。ただし、当日のダイビングインストラクターの人数も限られますので、事前予約をお勧めします。
ラフティングについて
川の水量が多い季節はいつでしょうか?
川の水量が最も多くなる季節は、雨季の2月~4月になります。
10月~12月はアブが多く発生すると聞きましたが?真相は?
季節によってはアブが多く発生する場合もございます。気になる場合は、長袖長ズボンのレンタルウェアがありますのでご利用下さい。
ラフティング中は、バスに貴重品が置けないとのことでしたが、写真の購入代金などはどうすれば良いのでしょうか?
クレジットカードをお持ちになるか、100ドル分程度のお札を持って来られると良いと思います。オーストラリアのお札はプラスチックで出来ていますので、水着のポケットに入れて置かれても濡れてぼろぼろになることはございません。
ラフティングに年齢制限はありますか?
ラフティングをされた方の最高年齢は、男性96歳、女性82歳という記録が残っているとおり、年齢制限はございません。
ラフティングは、子供でも参加できるのでしょうか?
バロン川ラフティング、タリー川ラフティング、ラッセル川ラフティングは、13歳以上からご参加いただけますが、13歳~18歳のお子様は保護者同伴か同意書が必要となります。6歳~12歳のお子様は、バロン川の穏やかなエリアでファミリーラフティングにご参加いただけます。5歳未満のお子様は、残念ながらラフティングにはご参加いただけません。
ラフティングをする際はコンタクトレンズを装着したままでも大丈夫でしょうか?
ソフトコンタクトレンズを装着したままのご参加は可能です。ハ-ドコンタクトレンズの場合は、メガネ又は、ゴーグルをされる方もおられます。メガネの方は、落ちないようにストラップを装着されることをお勧めします。
乗馬について
乗馬をしたことがないのですが大丈夫でしょうか?
初心者の方でも問題ございませんが、最初は日本語ガイドが付いた、半日乗馬をお勧めします。
スカイダイビングについて
スキューバダイビングとスカイダイビングは同日に参加してはいけないのでしょうか?
スキューバダイビングをされた後の高所への移動(飛行機への搭乗含む)は、減圧症を避ける為に注意が必要です。スキューバダイビングの後、海抜300m以上の高所への移動する場合は、最後の潜水が終わってから最低12時間(複数日に渡って、あるいは複数回のスキューバダイビングを行った場合は、最低18時間)空けなければならないというガイドラインが設けられています。例えば、日帰りスキューバダイビングにご参加された場合は、翌日の午後出発のスカイダイビングをお選び下さい。
スカイダイビングしない友人と一緒に参加することは可能でしょうか?
着陸地点での見学は1名まで無料となります。スカイダイビングされない方が、2名以上になる場合はお問い合わせ下さい。
熱気球について
熱気球ツアーを帰国時に参加した場合、ツアー参加後、ケアンズ空港へ送ってもらうことは可能でしょうか?
可能です。熱気球ツアーは早朝から朝にかけて催行されますので、ご参加前までに、ホテルのチェックアウトをお済ませ頂き、荷物を持ってご参加下さい。また、熱気球の催行会社に伝えておく必要がありますので、飛行機の出発時間、便名、ご持参のお荷物の情報(大きさと個数)を当社まで事前にお知らせ下さい。
バンジージャンプについて
バンジージャンプをする知人に同行したいのですが、可能でしょうか?
可能ですが、送迎バスが満席の場合にはご参加することはできません。送迎バスが満席かどうかは、ツアー当日にならないと分かりませんので、ご了承下さい。また、お申し込みの際に、ご参加される方の備考欄にて、同行されることをお知らせ下さい。
シドニーのツアーについて
ブルーマウンテンのツアーに参加するのですが、シーニックワールドで乗り物に乗る時間はありますか?
ブルーマウンテンツアーは多くの種類がございます。シーニックワールドでのご滞在時間に関してはツアーによって異なりますので、各ツアーページをご確認下さい。
メルボルンのツアーについて
トラムカーレストランのディナーを予約したいのですが、参加当日に英語が話せなくても大丈夫でしょうか?
ご予約後、ディナークーポンを発行しますので、それをお持ちになりスタッフに見せるだけで、全てはスムーズに進んで行くようになります。また、トラムカーレストランのスタッフは世界各国からのお客様に慣れているベテランですので、問題はございません。
ペンギンパレードツアーで「食事なしコース」を申し込んだ場合、夕食はどうなりますか?
ツアー当日の夕食は、「食事付きコース」で利用するレストラン1箇所だけですので、そちらでお好きな物をお選びいただくことになります。料理はアラカルトのみとなり、メイン料理で25ドル前後の、ビーフ、魚、チキンなど、季節によって異なります。フルコースをお召し上がりの場合、「食事付きコース」の方が、「食事無しコース」で個々にご注文されるより若干お得です。
エアーズロックのツアーについて
ケアンズやシドニー、ゴールドコーストから日帰りでエアーズロックを観光することは可能でしょうか?
エアーズロック観光は、最低でも一泊二日は必要ですので、他の都市から日帰りで観光することはできません。
エアーズロックでは、どのくらいの滞在期間が必要でしょうか?
エアーズロック観光で最も人気があるのは、エアーズロックサンセット鑑賞、登山、サンライズ鑑賞と、マウントオルガ観光で、最低一泊二日(一日目のご到着は正午までにエアーズロックへ到着、二日目のご出発は午後以降にエアーズロックを出発)であれば、これら全てを観光することが可能です。少しのんびりされたい方や、上記ツアーにキングスキャニオン観光を含めたい方は、最低二泊三日は必要です。
一泊二日の滞在でエアーズロックをくまなく観光することはできますか?
エアーズロックでの主要な観光ツアーは、エアーズロックサンセット鑑賞、登山、サンライズ鑑賞と、マウントオルガ観光です。これらのツアーにご参加される場合は、午後12:00頃までにエアーズロックに到着する飛行機と、翌日、午後13:00過ぎにエアーズロックを出発するフライトをご予約下さい。
エアーズロック空港からホテルまでの移動手段はどうすれば良いのでしょうか?
エアーズロック到着の飛行機に合わせたスケジュールで、無料のシャトルバスがエアーズロックリゾートの各ホテルまで運行されており、英語に自身のある方は、これが最もお勧めです。エアーズロックご滞在に関する日本語の説明も必要とされる方には、日本語係員を手配することも可能で、こういうお客様も沢山おられます。その他、タクシー、レンタカーなどがございます。空港からリゾートまでは車で約10分程です。
エアーズロックの登山は、幼児連れでも可能でしょうか?
エアーズロック登山に年齢制限はございませんが、エアーズロックの登山はハイキングのようではなく、その名のとおり「登山」ですので、幼児を抱っこした状態では非常に危険なのでお勧めは出来ません。
その他
店舗がなくて心配ですが、予約の確認などしたい場合、大丈夫でしょうか?
ゴールドコーストに手配事務所(+61-7-5528-3877)がございますので、お気軽にお問合せ下さい。また、ご予約いただいた際には、緊急時のサポートダイヤルをお渡しいたします。